読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ama-yadori

寝転がりながら面白いと思ったことを考える

ダンガンロンパ3絶望編 第7話 考察まとめ

ダンガンロンパ3絶望編 第7話

f:id:ama-yadori:20160826104219j:plain

画像:「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」公式サイト

 

#07 希望ケ峰学園史上最大最悪の事件

 

アカン。グロだ。
ゲームに登場する、旧校舎の血だらけの部屋、
ダンガンロンパゼロで登場する生徒会の事件ですね。
血をピンクにしてもポップにならないくらいのアレだった。
モノミじゃないけど、こんなのあんまりでちゅ。


では今回もサクッと内容をまとめて色々考えたいと思います。
公開後もあれこれ気づき次第更新しますので、なにとぞー。

www.nbcuni.co.jp



 
ダンガンロンパ3絶望編 第7話 気になることまとめ

 

1.登場人物の現在(注目行動に★)


江ノ島盾子:アニメーターの才能を把握。生徒会コロシアイ実行。★
戦刃むくろ:罪木を拘束。生徒会コロシアイ実行。

雪染ちさ:生徒会コロシアイ事件を知る
逆蔵十三:部下の大量失踪と警備強化の件を雪染に伝える
宗方京助:特記事項なし

御手洗亮太(本物):超高校級の絶望と接触・失踪★
罪木蜜柑:超高校級の絶望と接触・失踪★
狛枝凪斗:飛行機墜落に巻き込まれ遭難中
御手洗亮太(詐欺師):御手洗(本物)と罪木の失踪を把握
終里赤音:特記事項なし

九頭龍冬彦:特記事項なし
小泉真昼:特記事項なし
西園寺日寄子:特記事項なし
左右田和一:特記事項なし
封印されし田中:特記事項なし
七海千秋:特記事項なし
弐大猫丸:特記事項なし
ソニア・ネヴァーマインド:特記事項なし
花村輝々:特記事項なし
辺古山ペコ:特記事項なし
澪田唯吹:特記事項なし

日向創(カムクラ):生徒会コロシアイに立ち会う★
黄桜公一:霧切から娘(響子)を託される。
霧切仁:黄桜に娘(響子)を託す。
天願和夫:霧切・黄桜と同席。

生徒会メンバー:村雨早春以外全員死亡

九頭龍菜摘:死亡
サトウ:死亡
安藤流流歌:退学処分
十六夜惣之助:退学処分
忌村静子:退学処分

 

2.現時点で明らかになっていること

 

御手洗のアニメは心理操作ができる
サブリミナル・視覚効果から、
洗脳に近い形で視聴者の感情を左右することができる。
さすが超高校級…。

江ノ島は御手洗のアニメを利用しようとしている
わざわざ環境を用意して御手洗を完全に囲い込む。
前回の考察通り「世界を変えたい」で意見が一致しているために
御手洗はすんなり江ノ島たちの手に陥落。
ただ絶望落ちしているわけではなく純粋に騙されているようなので
後々「お前たち僕のアニメに一体何をしたー!?」っていう展開が見える…。

御手洗・罪木が江ノ島サイドへ
御手洗の部屋で戦場と鉢合ってしまい拘束。
その先で御手洗のアニメを視聴して以降行方をくらます。
現時点で罪木が絶望落ちしているかは不明。

ふたりの失踪を把握しているのは御手洗(偽物)のみ
成り変わっている事情もあり、
御手洗(本人)と罪木の失踪を公表することができない。

逆蔵が異変を察知
部下の大量失踪(戦場にやられた模様)と、護衛の強化。
何らかの攻撃者が現れていることに気づいている。
このくだりに出てくる雪染の「やきもち?」は、
これからややこしい何かが起こることを予感させる…。

生徒会のコロシアイゲーム(のちのゲームの原型)が発生
とてもヱヴァ破だった…。
翼をくださいが破滅のテーマソング扱いになってゆく…。
別のアニメかと思うくらいの炸裂グロ。規制の影の嵐。
動機づけをされた生徒会員たちは、登場 即 死亡。
(なんだか既存キャラの原型デザインっぽい子が多かった!)
初回ということもあり、ルールも設備もまだまだお粗末感。

生徒会の事件はカムクラのせいではない
なんだかんだでカムクラは現場に居合わせただけで、
手を出したのもただの自己防衛の応戦のみ。
現時点ではほぼ濡れ衣。

生徒会の事件はもみ消される
霧切・黄桜・天願チームは怒り心頭。
組織に反対の意向を持っている。

霧切と黄桜の約束
なにかあったら娘をよろしく、と霧切。
殺されるリスクがあることを覚悟している様子。
のちにその予感は的中する。

カムクラプロジェクトのリーク
やはり江ノ島はプロジェクトをリーク。
予備学科生が希望ケ峰学園に反発するように仕向ける。

 

3.個人的に気になるポイント

 

未来編で黄桜の探していた人物が判明。
「合流したいあの子」は霧切響子
「探偵を嫌いな友達」は霧切仁
守る約束を果たすために検死にくることを見越して
雪染の死体の前で待機していた。
いい人フラグは同時に死亡フラグでもある…。 

御手洗(本物)と罪木が江ノ島についていった理由
ふたりともいじめに遭っていた過去があり、
頭の隅に「今の世界はよくない」という意識があるからでは。

江ノ島についていったのに御手洗(本物)だけが無事だった理由
アニメの洗脳が作った張本人に効かないのは当然かも。

77期生の絶望落ちも希望ヶ峰学園への不信感からはじまる?
予備学科生が大変なことになっていくのを見て、
小泉・七海・九頭竜・辺古山に心境の変化があってもおかしくない。

逆蔵と雪染はどこへ向かう?
宗方不在の中でふたりの動向やいかに。
宗方が不在にさせられていることを見ても
このふたりがなにかやらかしそうな気がする…とても…。

雪染がなんだか怪しい
江ノ島とダブる部分が多々ある彼女。
絶望の因子を元々持っているという暗示なのかそれとも…
宗方は海外に行って以降雪染の姿を見ていないし、
宗方が帰ってきて雪染と会った途端、
似てるけどお前誰?みたいな展開になったらどうしよう。

絶望編は雪染か江ノ島が主役の物語
雪染が観測者の「77期生が落ちていくまでを追う物語」
と思って見てきたけど、77期生が駒のように描かれてるあたり、
江ノ島が絶望的事件を成功させるまでのサクセスストーリーとか、
未来編の事件が発生するに至るビギニングとか、
そういう位置づけなのかもしれない。

次回の絶望編も怖い予感しかしません…。
それでは次は未来編第8話にて!